03-6277-8880contact@resin-design.org
VISION

〜毎日を、もっと特別に〜

今日の気分やファッションに合わせて、身につけるものを選ぶという常識から、作るという概念に変えていきたい。「今日欲しいを今作る」を形にすることで、手作がもっと身近で楽しい物になること、またそのスタイルが毎日をより輝かせてくれることに繋がるサポートをしていきたい。

本格的な贈り物

手作りだからこそ、伝わる気持ちがあります。大切な人や家族やペット。レジンアクセサリーのスキルやコツを習得して、本格的な贈り物が作れるプロのデザイナーを目指しましょう。

「好き」を仕事に

好きな事を仕事にしたい。レジンの楽しさを教えましょう。認定後には、レジンデザイナースクールの分校として自宅やサロンでのスクール開講も可能です。本格的に、副業的に、ライフスタイルにあった形で、レジンデザイナーの講師という新しい自分を作りましょう

+アルファのサービス

レジンデザイナーとして、今ある仕事に+αのサービスの提供を目指しましょう。ネイルサロンやアパレル業界とのコラボレーション等、お客様の満足度が上がれば、お店の評価も高くなります。より多くのお客様から愛される他とは違うサービスを創りましょう。

作品を販売してみる

レジンデザイナースクールでは、今後、展示会やコンテスト等も開催予定です。ご自身の作品を販売して、レジンデザイナーとしての幅を広げましょう。

レジンデザイナーへの思い

  • 幼い頃から、細かい作業や手芸が大好きでした。
    大人になっても好きなものってそんなに変わらないものだと思います。
    ただ、今になってとても強く感じるのは、「手作りには温かさがある」ということです。
    作品への細かなこだわりや、繊細な作業は手作業だからこそ表現できるものがあります。
    何でも大量生産が可能になってきているいまだからこそ手作りに対する思いはより深まります。

    手作りが好きな方は経験あるかもしれませんが、やはり一番嬉しいのは自分の作品が喜んでもらえた時です。
    そして、レジンはいままでのアクセサリー作りとは全く違います。
    何が一番違うかというとパーツそのものから作れるという事。

    レジンの良いところは、自分のイメージする作品の再現ができるところ。
    それから、技術があれば短い時間で作れる。
    イメージに妥協せずに、アクセサリー作りを楽しむことができます。
    特に贈り物にする時には、相手の喜びそうなデザインをイメージして作るようにしています。
    短い時間で作れるというのも、大きな利点。私自身、最近では、その日着ていく服に合わせてその場で作品を作ったりします。着ていく服に合わせて、アクセサリーを作るなんて素敵ですよね。
    そんな、アパレルショップやサロンが、これから増えるのも面白いなと思います。
    洋服やネイルに合うアクセサリーの提供。ショッピング、美容に+αの楽しみがあると、より生活も楽しくなると思うのです。 身につけるものだからこそ手作りにこだわり、「身につけるものを、選ぶものから作るものに変えていきたい」を多くの人に広げていきたいと願い、立ち上げた協会です。

    阿佐美 文絵
    阿佐美 文絵レジンデザイナー協会 代表理事
Contact Us

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.